AIUの火災保険 スイートホームプロテクション 保険料例・各種割引例

スイートホームプロテクション「水災補償対象外」の場合の保険料例

下記 火災保険の保険料は次の条件の場合の見積となります。

1、木造モルタル住宅 H構造(地震保険なし・家財の保険なし)建物のみの補償の場合
 h27-hokenryou-image.gif
※専有延床面積・構造・補償内容により保険料は異なります。また、補償内容や保険料が改定となる場合がございます。

「火災保険に関して2015年10月1日以降の補償開始契約用」

ベーシックプランの補償内容および損害保険金の支払条件はこちら


「火災、落雷、破裂・爆発」「風災・雹(ひょう)災・雪災(Ⅱ型-損害額20万円以上型)」「水災(Ⅰ型-100%(損害額)」「物体の落下・飛来・衝突等」「水濡れ」「労働争議に伴う破壊行為」「盗難」を補償する、従来の住宅総合保険に近いプランをベーシックプランといいます。

※ベーシックプランの名称は、AIUの火災保険スイートホームプロテクションの商品パンフレット プラン名ではありません。

       
2、マンション M構造(地震保険なし・家財の保険なし)建物のみの補償の場合
 m27-hokenryou-image.gif
※専有延床面積・構造・補償内容により保険料は異なります。また、補償内容や保険料が改定となる場合がございます。

「火災保険に関して2015年10月1日以降の補償開始契約用」

ベーシックプランの補償内容および損害保険金の支払条件はこちら


「火災、落雷、破裂・爆発」「風災・雹(ひょう)災・雪災(Ⅱ型-損害額20万円以上型)」「水災(Ⅰ型-100%(損害額)」「物体の落下・飛来・衝突等」「水濡れ」「労働争議に伴う破壊行為」「盗難」を補償する、従来の住宅総合保険に近いプランをベーシックプランといいます。

※ベーシックプランの名称は、AIUの火災保険スイートホームプロテクションの商品パンフレット プラン名ではありません。
保険期間10年でご契約いただく場合の取扱いについて(継続契約の取扱いに関する特約)

保険期間10年でご契約いただいた新規契約の場合は、「継続契約の取扱いに関する特約」が自動的にセットされます。この特約をセットすることにより、満期の3か月前までにお客さまより更新されない旨のお申し出がない場合は、更新前のご契約と同様のご契約内容(注)で保険期間10年のご契約として自動継続されますので、更新手続きのお手間が軽減されます。


(注)自動継続の際には、継続契約の保険期間初日における普通保険約款、特約、保険契約引受に関する制度または保険料率が適用されます。
 


AIUの火災保険スイートホームプロテクションは、下記の割引等も用意しております。
建物の性能や設備に関する割引
耐火性能割引(T構造耐火性能割引・H構造耐火性能割引)
外壁の耐火時間が60分以上(T構造耐火性能割引)または45分以上(H構造耐火性能割引)に該当する建物で、建築確認申請書第四面等でその耐火時間の確認ができる場合、その写しをご提出いただくことで適用できます。

※保険期間の中途においてはこの割引は適用できません。
オール電化住宅割引
オール電化住宅(住宅内の空調、給湯、調理などのすべての設備を電気でまかなう住宅)である場合、AIU所定の申告書をご提出いただくことで適用できます。

※保険期間の中途においてはこの割引は適用できません。
発電エコ住宅割引
AIU所定の条件を満たしている住宅用太陽光発電システムまたは燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)を備え付けた建物の場合、AIU所定の申告書をご提出いただくことで適用できます。

※保険期間の中途においてはこの割引は適用できません。


新築物件に関する割引
新築物件割引
2005年10月1日以降に新築された建物または建物内の家財をご契約いただく場合に適用します。


たばこを吸わない方に対する割引
ノンスモーカー割引(喫煙事故の保険金支払に関する特約) ※保険期間1年の場合のみ
建物内で喫煙を行わない非喫煙世帯向けの割引です。お客さまから本割引(特約)の要望があった場合、適用できます。【ご注意】喫煙による事故では保険金をお支払いできません。

※一時的な来訪者の喫煙や、通行人のたばこの投げ捨てなどが原因の事故は補償の対象となります。

※非喫煙対象者の方が喫煙を始めた場合は、AIUへの通知が必要となります。ただし、本特約を削除する旨の通知漏れがあった場合、1回に限り救済措置が適用され、支払われる損害保険金の20%(上限100万円)を差引いた額を保険金としてお支払いします。





お見積りはこちら



ご契約にあたっては、必ず各保険会社の該当商品パンフレットおよび「重要事項説明書(契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明)」をご覧ください。また、ご不明な点がございましたら取扱代理店または引受保険会社にお問い合せください。

【火災保険比較推奨販売方針につきまして】
●当店では、取扱実績が最も多いAIU損害保険株式会社の商品を推奨させていただきます。

複数の損害保険会社の見積をご希望される場合は、次に当社取扱契約件数が多くかつ、お客様の利便性を考慮し自由設計型で補償が選べる火災保険を取り扱う以下の保険会社の商品をご案内いたします。

●日新火災海上保険株式会社

特別なリスクに関する要望をお持ちのお客様には以下によりご指定いただき、該当保険会社の商品をご案内いたします。

●AIU損害保険株式会社●日新火災海上保険株式会社●三井住友海上火災保険株式会社●あいおいニッセイ同和損害保険株式会社



このページの先頭へ